• ペット保険を比較
  • ランキング
  • 補償割合で比較
  • 加入条件で比較
  • ペット保険とは
  • 口コミ
  • 保険の選び方
  • 豆知識
  • よくある質問Q&A

フルカバープランのペット保険診断

ペット保険選びに困ったらペット保険診断でフルカバープランを簡単に絞りこむことができます。日額制限・回数制限・免責などの重要なポイントを抑えて自分とペットに合ったペット保険を選びましょう。

ペットは何歳ですか?

  • 8歳以下
  • 9歳以上










日額・回数の制限はどちらがいいですか?

日額制限とは、1日に補償される限度額のことです。
回数制限とは1年間で補償される回数のことです。

制限のあるなしについては、どちらにもメリットがありますので、どちらがいいとは一概にはいえませんので、自分に合った内容を選ぶことが大切です。

「制限あり」については、1日の補償金額・年間の限度回数が決められていますが、十分にバランスがとれた内容です。
「制限なし」については、年間の限度額以内であれば、回数を気にする必要がないので、自分で調整しやすいと言えます。また、通院時の治療費が高額になる場合でも、補償されるというメリットがあります。

  • 日額・回数制限あり
  • 日額・回数制限なし
  • ※補償される内容かどうかは、各社の公式サイトでご確認ください。










各社の特徴から保険会社を絞ろう!

ご要望に合ったペット保険は複数のペット保険会社で提供しています。各社の特徴から、あなたの要望にあったペット保険を選んでみましょう。


窓口精算できる

人の健康保険のように、動物病院の窓口で保険金の精算ができ、負担が必要な分だけを動物病院で支払う「窓口精算」に対応しているペット保険です。保険金の精算が楽なので、気軽に動物病院に通いやすいです。


保険料は安くバランスのいい補償!(大型犬でも安心!)

各社の企業努力により保険料を下げることを実現し、保険料と補償内容のバランスが良いペット保険です。


補償は手厚く100%

補償限度額まで治療費の実費を支払ってくれる、補償割合の大きいペット保険です。











免責金額は?

免責金額とは、一定の金額以下は補償されない金額のことです。「免責金額あり」の場合、免責金額以上の治療費となった場合に補償されます。

免責あるなしについては、どちらにもメリットがありますので、どちらがいいとは一概にはいえません。自分に合った内容を選ぶことが大切です。

「免責金額なし」の場合、低額でも補償の対象となる点がメリットと言えます。
「免責金額あり」の場合、低額の補償はなくても、高額の治療費となった場合に補償されます。保険料が安くなる点がメリットと言えます。

  • 免責金額なし
  • 免責金額あり










免責金額なし

「免責金額なし」は、低額でも補償の対象となる点がメリットです。


免責金額あり

「免責金額あり」は、低額の補償はなくても、高額の治療費の場合に補償されます。保険料が安くなる点がメリットです。











9歳以上でも入れるペット保険











募集文書番号
  • アイペット損保:募1608-061(18.07)
  • ペット&ファミリー:PF-D063 160210