• ペット保険を比較
  • ランキング
  • 補償割合で比較
  • 加入条件で比較
  • ペット保険とは
  • 口コミ
  • 保険の選び方
  • 豆知識
  • よくある質問Q&A

猫・血統種に適したペット保険の選び方、犬種から考える病気や注意点

猫・血統種 の魅力・性格・飼い方、ペット保険の選び方などを詳しくまとめました。

猫・血統種

猫・血統種

読み: ねこ

英名: cat

原産国:

手間がかからないので、忙しい人でも飼いやすい!

猫・血統種 に合ったペット保険を選ぶには、 猫・血統種 の性格やかかりやすい病気を知っておくことが大切です。

魅力・性格・飼い方

猫・血統種 の性格や魅力、飼い方のポイントをまとめました。

性格

猫・血統種 の性格は次のような特徴があります。

  • 長毛種:温和な気質でおっとりした子が多い傾向
  • 短毛種:長毛猫と比べると活発で人懐っこい傾向

魅力・飼い方のポイント

猫・血統種 の魅力、飼い方のポイントをまとめました。

  • 室内のみでも飼えるので、健康管理しやすい
  • カーテンやソファーなどのインテリアが破壊されることは覚悟!
  • 誤飲・誤食に注意!観葉植物・アロマなど、猫にとって危険物は置かない

かかりやすい病気・ケガ

猫・血統種は次のような病気やケガにかかりやすいので注意が必要です。

  • 泌尿器疾患
  • 腎不全
  • 膀胱炎
  • 尿石症
  • 消化器疾患
  • 皮膚疾患
  • 外耳炎(スコティシュフォールドなどの折れ耳種)
  • 骨瘤(遺伝性骨形成異常症)(スコティシュフォールドなどの折れ耳交配種)
  • 肥満による関節疾患や糖尿病(アメリカンショートヘアなどの食欲旺盛で元気な猫)

猫(血統種)で重視したい補償内容は?

スコティッシュフォールド

猫ちゃんは全般的に腎臓や泌尿器関連の病気が多いと言われています。また、種類によっては骨や軟骨・内臓奇形など先天性の病気をもっているコもいます。 猫は次のような補償内容を重要視したほうがいいでしょう。

腎臓や泌尿器の病気に注意!

腎臓や泌尿器の病気の治療は、進行具合や治療内容によって大きくことなります。透析などで高い通院費用が毎月かかるなど、通院や入院で費用を合わせるとかなり高額になります。 通院で毎月5,000円~10,000程度の通院治療費がかかります。 手術や入院などを繰り返す場合もあり、20万~100万円程度の治療費がたびたびかかることを覚悟する必要があります。

猫(血統種)のペット保険選びの際には補償限度額は多めで、通院でも高額治療に備えられるものが安心です。

猫ちゃんも大切な家族ですから、「治療費が高額だったから治療をあきらめました」なんてことが絶対に起きないように、病気になる前にペット保険に加入しておきましょう。

折れ耳猫は外耳炎に注意!

スコティシュフォールドなどのは折れ耳猫は、耳の中で細菌が繁殖しやすく、通院で少額の金額が何度もかかる外耳炎などの耳の病気になる場合も多いです。耳のお掃除や予防が大変大切になります。軽度な外耳炎なら数千円程度が何度かかかる見込みとなります。重度な外耳炎で手術などを行う場合は10万円程度の治療費がかかる見込みとなります。

食欲旺盛な元気猫は肥満に注意!

アメリカンショートヘアなどの元気で食欲旺盛な猫は、特に肥満に注意しましょう。肥満により、関節疾患やホルモン異常による糖尿病などを引き起こします。糖尿病にかかってしまったら、治る病気ではなく、一生上手に付き合って行かなければなりません。通院や入院による費用が毎月10,000円程度かかることになります。

猫で重視したい補償内容
  • 腎不全や泌尿器の通院回数多め・入院・手術を重視した高額治療
  • 外耳炎などの通院にかかる費用(折れ耳種)
  • 肥満が引き起こす糖尿病などの通院費用(食欲旺盛種)

ペット保険の選び方のポイント

アメリカンショートヘア

ネコは全般的に腎臓の病気が多いと言われており、ペット保険を選ぶ際は、通院回数多めで高額治療を意識したほうがいいでしょう。その場合、割としっくりハマるペット保険は限定されているので、選びやすいかもしれません。

通院回数多め・通院高額・入院・手術も備えられるペット保険

ねこは腎臓系の病気にかかりやすいと言われています。そんな猫ちゃんは、フルカバープランの通院回数多め・通院補償金額多め・年間補償限度額多めのペット保険を選んだほうがいいでしょう。

それを踏まえて、猫・血統種のペット保険選びは次の点をチェックするといいでしょう。

フルカバープランで通院回数・通院金額を重視する場合

補償割合が70%~100%のペット保険は、補償内容が手厚く安心ですが、保険料は高くなります。

高額補償したいけど費用を抑えたい!

高額補償してほしいけど、保険の費用は押さえたい!という場合は、フルカバープランで「免責金額あり」のペット保険にすると、猫ちゃんに合った通院回数・通院の高額補償・入院・手術の補償を保ちつつ、保険の費用を抑えることができます。

フルカバープランの「免責金額あり」(高額補償特化)とは

補償内容を高額補償特化に絞ることで、ペット保険料をかなり安くすることができる選び方です。

「低い金額は補償しない」というルール(免責金額)にすることで、保険料を安くして、高額な費用を補償する、というローリスク・ハイリターンなペット保険です。

この場合、通院で少額になる皮膚病などは補償されない点がデメリットとなりますが、安い保険料なのに高額な治療費は手厚く補償してもらえるので、お守りのような気持ちで「少額は自己負担」と割り切るのも1つの選択肢です。

「免責金額あり」は通院の少額な治療費はいちいち保険金を請求するのが面倒!でも通院でも高額な治療費はちゃんと請求します!というものぐさな方にもおすすめなペット保険プランです。

高額治療を重視したいけど保険料を抑えたい場合

免責金額があるペット保険

低額も補償してほしい!

ネコの種類によっては、かかりやすい病気も異なってきます。折れ耳の場合は外耳炎にかかりやすいので、低額な金額も補償してほしい、という場合は、「フルカバープランの免責金額のないもの」で「70~100%補償」のペット保険を選ぶと安心でしょう。

高額補償もしてほしいけど、低額補償も補償してほしい!でも費用も抑えたいという超欲張りな方は、最安価格帯のペット保険から選んでみてください。

最安価格帯のペット保険

猫がかかりやすいと言われる腎不全は治る病気ではなく、かかってしまったら一生上手に付き合っていかなければいけない病気です。とにかく早期発見・早期治療が大切です。早期発見するためには飼い主さんがちょっとしたことでも早く気づいて、早く動物病院につれていくことが大切です。ペット保険があれば、気軽に動物病院にも行きやすくなります。

腎不全のように高額な治療費が一生かかることになる病気にかかりやすいと言われる猫は、とにかく元気で若いうちにペット保険に入っておくことが大切です。病気にかかってからではペット保険に入れずに困ってしまう飼い主さんがたくさんいます。猫の成長は早く、病気の進行も早いので、病気はいつ襲ってくるかわかりません。早めに加入しておきましょう。

ペットも一生元気ではいられません。突然の病気・手術・入院でも、治療費のために十分な治療ができなかったということがないように、ペット保険に加入しておくことをおすすめします。大切な愛犬・愛猫のために備えることも、大切な飼い主さんの役目です。

年齢ごとの病気・ケガの注意点と保険料

猫・血統種 の年齢ごとの病気・ケガの注意点と、年齢ごとにペット保険料を調べることができます。7歳以降は加入できるペット保険に限りが出てきますので、遅くとも7歳までにはペット保険に加入しておくことをおすすめします。

あなたの 猫・血統種 は何歳ですか?

0~1歳未満
0~1歳未満の猫・血統種のペット保険の選び方

免疫力が弱く、風邪や下痢、皮膚の感染症などが起こりやすい時期です。好奇心も旺盛で、まだしつけが入りきらないことから、異物誤飲による事故も多い時期です。
また、抱っこ中や高所からの落下事故などによる骨折、成長に伴って見られる先天的な関節疾患など、比較的診療費が高額になりやすい整形外科疾患も多く見られます。高額な治療に備えられるペット保険に早いうちに加入しておくことをおすすめします。

1~4歳
1~4歳の猫・血統種のペット保険の選び方

大人の体に成長し、体力的には安定します。しかしアレルギー性の副疾患や尿石匠など、体質や生活習慣に起因する病気が多く見られ始めます。
また、この時期に元気だからといって、ペット保険に入らず、あとで病気になってからペット保険に加入しようとして断られて困ってしまう方が多いです。今の元気さに過信せず、高齢を見据えて、ペット保険に加入しておくようにしましょう。

5~7歳
5~7歳の猫・血統種のペット保険の選び方

人間と同様、徐々に加齢に伴って発症する病気が見られ始める時期です。半年~1年に1回以上の定期検診を行い、白内障や腫瘍、心疾患や内分泌疾患などの慢性疾患の兆候には十分注意しましょう。腫瘍や糖尿病など人間と同様の病気も近年増加しています。

7歳を区切りに、この年齢までしか新規加入できないペット保険が出てくるようになります。 加入できる限度年齢はペット保険の加入条件比較表の「新規加入できる上限年齢」欄を参照してください。

8~9歳
8~9歳の猫・血統種のペット保険の選び方

シニア期になりますので、病気の発症兆候を早めに見つけてあげられるよう、半年に1回以上の健康診断を行うことが理想的です。

9歳以上は加入できないペット保険が増えます。ケガや病気が増えて、そろそろペット保険を選ぼうと考える方が多いですが、選べるペット保険に限りがでてきますので、早めに加入しておきましょう。 加入できる限度年齢はペット保険の加入条件比較表の「新規加入できる上限年齢」欄を参照してください。

10~12歳
10~12歳の猫・血統種のペット保険の選び方

シニア期となりますので、病気やケガ、白内障で目が見えなくなるなど、介護が必要になってくる年齢です。

10歳以上は加入できるペット保険に限りがあります。 加入できる限度年齢はペット保険の加入条件比較表の「新規加入できる上限年齢」欄を参照してください。

13~16歳
13~16歳の猫・血統種のペット保険の選び方

かなりの高齢です。様々な病気やケガ、介護で治療費が増えてきます。

10歳以上は加入できるペット保険に限りがあります。 加入できる限度年齢はペット保険の加入条件比較表の「新規加入できる上限年齢」欄を参照してください。

17~20歳
17~20歳の猫・血統種のペット保険の選び方

超高齢で、様々な病気やケガ、介護で治療費が増えてきます。

新規加入できるペット保険はありません。ペット保険の継続をされているペットだけがペット保険の補償対象になります。ペット保険に加入していなかった場合は、治療費が増えていくのに全額自己負担となってしまいます。ペット保険に入っておけばよかったと思うことも出てくると思いますので、後悔しないように早めに加入しましょう。

17歳以降は補償対象にならないペット保険もありますので、超長寿犬や猫は20歳まで補償するものや終身のペット保険を選んだほうがいいでしょう。

継続できる限度年齢はペット保険の加入条件比較表の「継続できる限度年齢」欄を参照してください。

終身補償のペット保険
終身補償の猫・血統種のペット保険の選び方

猫・血統種は比較的長寿と言われています。長寿犬や猫は終身補償をしてくれるペット保険が安心です。

かかりやすい病気の詳細